保険のビュッフェで女性の保証について相談する口コミは?

保険のビュッフェで女性の保証について相談する口コミは?

保険のビュッフェで女性の保証について相談する口コミは?

保険を取り巻く環境と無料相談のメリット

 

様々な人生の節目で多くの人が、自分や家族の将来に不安を残さないために、保険に加入したり、見直しをします。預貯金も同様の役割がありますが、預貯金の場合は預けたお金に利子が付くだけですから、通帳を見れば残高もすぐにわかりますし、日常的に出し入れも頻繁に行いますので、非常にシンプルな仕組みです。ところが保険は、一定の期間を生存した場合や病気、怪我、死亡の際に保険金が戻ってくる仕組みですから、残高の概念はなく非常に複雑な仕組みになっています。そのため、これまでは保険会社の営業マンによる説明を聞いて、勧められるままに加入せざるを得なかったのが現状でした。

 

しかしながら、保険会社の営業マンは、自社の商品しか勧誘しませんし、営業手当が給与の大部分を占めますから、保険契約者のメリットよりも利益率の高い商品を販売する傾向にあり、また、高齢者に対する行き過ぎた営業活動も一部では行われ、社会問題にまで発展しました。その後、法制度が改正され、不適正営業は厳しく罰せられることになりましたが、保険会社の営業マンに対する風当たりが厳しいことには変わりありません。また、保険に対するユーザーのニーズの変化も見逃せません。これまで、保険といえば、被保険者が死亡した際に保険金が支払われる死亡保険が一般的で、それに追随する形で一定期間を生存した際に支払われる生存保険が人気を集めました。この商品は預貯金よりも利回りが良かったため、貯蓄のために加入する人がほとんどでした。

 

その後、年金制度の見直しや平均寿命の高齢化、医療費負担の見直しといった社会情勢の変化に伴い、老後の生活に関心が集まるようになり、医療費に対する不安解消のために医療保険が人気を集めるようになりました。こういったニーズに対応すべく、各保険会社は様々な疾病に対応した医療保険を発売しました。その結果、さらに保険の仕組みは複雑になり、素人の私たちにはどのような保険に加入すべきか判断できないまま様々な保険に加入し、結果として毎月、多額な保険料を支払うことになってしまったのです。こういった事態が深刻になるにつれ、特定の保険会社には属さない、「マネモ」「保険マンモス」といった保険の相談窓口が開設されるようになりました。

 

こういった相談窓口には、ファイナンシャルプランナーと呼ばれる、保険商品をはじめとする金融商品の仕組みを熟知したアドバイザーが配置され、各社の保険商品の説明だけでなく、個々の将来設計を組み立てる上でのアドバイスなどを行っています。特に女性の場合、進学、結婚、出産、復職など人生の節目に遭遇する場面が多く、介護や育児の問題を抱える上、子宮がんや乳がん、帝王切開など特有の疾病もあるため、医療保険への加入は必須として、現在のライフスタイルや将来設計を考慮しながら見直しを行っていかないと、必要な時に保険金が戻入されなかったり、複数の保険に加入したものの保障がダブってしまい保険料が高額になることも少なくありません。

 

そのため、多くの方が保険の相談窓口を利用していますが、その中でも高評価なのが「保険のビュッフェ」です。高評価の理由は、ファイナンシャルプランナーの経験が豊富であることから、保険商品に対する説明が丁寧であることは当然として、保険を取り巻く情勢や預貯金や年金を加えた、トータル的な将来設計について、様々な提案が成されていることです。また、訪問型の無料相談サービスですから窓口に出向くこともなく、保険に関する面倒な手続きも担当者が行います。さらにはアフターフォローも充実していますので、将来にわたって相談できるところが大きな強みとなっているのです。

 

 

保険のビュッフェの女性の保証に関する相談

 

保険のビュッフェには様々な相談がされていますが、代表的なものについて紹介します。「私は3年前に乳がんの手術を行い、その後再発はしていませんが、将来の不安は拭いきれず、保険に加入したいと考えていたのですが、加入できるものはないだろうと思っていました。友人に、無料相談のことを聞き、ひとまず相談したところ、制度改正が行われ引受基準緩和型の保険であれば加入できると教えていただきました。また、一部の個人年金保険にも加入できる可能性があり、実際に審査を受けたところ加入することができました。もし、相談していなかったら将来に不安を残したまま生活していました。」相談窓口に多いのが、手術や大きな病気をした方が再度保険に加入できるかといった相談です。

 

特に、はがんは日本人の死亡原因の第一位の病気であり、再発の不安は拭えないものですが、引受基準緩和型保険の登場により加入できる可能性が高くなりました。そこで、ポイントなのが同じ状況でも、保険会社によって加入できる場合と加入できない場合があるという事です。こういった部分こそ、ファイナンシャルプランナーの経験や知識が要求される部分なのです。「結婚を機に医療保険への加入を考えていました。これから妊娠や出産も想定されますし、万が一、乳がんや子宮がんなどの病気になってしまった場合、主人や子供にも迷惑をかけてしまうので、医療費への負担を最大限に軽減できるものが希望でした。

 

私が加入していた保険会社に相談したところ、妊娠や出産には適応されないことがわかり、相談窓口に相談したところ、様々な種類の医療保険を紹介され、妊娠や出産にも対応した商品に加入することができました。手続きも担当者の方が行ってくれましたので、結婚の準備でバタバタしていたので、とても助かりました。今度は学資保険について相談したいと思います。」保険に加入する動機は様々ですが、多くの人がライフステージの転機に加入します。特に結婚は、自分のための保険というよりも、家族に負担をかけないため医療費に対する備えを目的とした医療保険に対するニーズが強くなります。しかしながら、医療保険は、全ての病気に対応するものではなく、特定されるものですから、性別や年齢によって最も適した保険を選ぶ必要があります。

 

この口コミの相談者の場合、近い将来に出産する可能性があることから、帝王切開などに対応できる医療保険が提案されており、成功しています。また、保険のビュッフェでは面倒な手続きについてもフォローしていますので忙しい方の負担を最大限低減できますし、その後のアフターフォローも丁寧に行いますので、長期間にわたり様々な提案が可能となります。「保険料が生活費を圧迫していたので、見直しについて相談しました。相談する前は、新たな保険に加入することを強引に勧誘されるのではないかと不安でしたが、実際には勧誘されることもなく、現在加入している保険のメリット、デメリットを丁寧に説明してくださり、その上で私の家族構成や年齢などを加味しながら、現在の保険を一部残した上で、満期を待ってまって新たな保険に加入するプランなど、5年先のライフスタイルを見据えた提案をいただきました。」

 

無料相談を受けるに当たって、「強引に保険に勧誘されるのではないか」と不安に思う人が多いのが事実ですが、全くそのようなことはありません。というのも、特定の保険会社に属していないので、その必要がないのです。相談者の立場になって、5年先、10年先のライフプランを想定した上で、最もメリットの高い提案が行われますので、相談者は安心して相談することができるのです。これらの口コミのように、個々の事情により保険の内容は大きく異なりますから、できる限り多くの商品から、個々の事情に適した商品を提案する必要がありますが、そのための経験や知識が豊富なファイナンシャルプランナーしか所属していないのが大きな強みなのです。


このページの先頭へ戻る